Infinite space of the もろー

moro.exblog.jp
ブログトップ
2007年 11月 07日

次は専門英語の資料づくりしないと・・・

急いでる時に限って、
コンビニの「~円以上お買い上げにつき一回」のクジで当たってタイムロス。
ミネラルウォーターだったし・・・。
もろーです。

模擬授業、なんとか無事(?)に終わりました。
実際の授業ではないにしろ初めて教壇に立ったわけで、
やっぱりちと焦りました。

反省点としては、
1.板書の内容を整理してなかった。
2.きちんと生徒側を向いて話せていなかった。
3.もうちょっと豆知識的なネタを仕入れとくべきだった。
こんな感じです。

出席の名簿順だったので、
私が最初に模擬授業を行ったのですが、
「生徒に教科書を読ませる」、「生徒に問題を解かせる」という状況で、
模擬授業参加者(同じ科の人間3名と先生)に対して、
振っていいものかどうか迷って、
そのまま勝手に判断して飛ばしたら、終わった後で指摘されました。
その辺の説明してくれなかったくせに・・・、
まあ自分で聞かなかった俺も悪いが。
先生に無茶振りしとけばよかったか?(ぁ

模擬とはいえ、授業をする側に立つ雰囲気みたいなものは感じ取ることができましたので、
不備があったものの有意義な時間でした。
実際、実習で授業やる時は、担当教諭のコンセプトに合わせる必要があるかもしれんですけどね。

実習直前にも模擬授業をやるみたいです。
そのころには、実際に教える範囲とかわかっているだろうから、
今回よりはやりやすくなるんじゃなかろうかと。

てーか、工業免許の指導担当に国語の先生が充てられてるのはどうなのよ。
まあ、内容自体よりも、教え方そのものを指導するのだから問題ないかもなぁ。
[PR]

by nonchan13jp | 2007-11-07 17:48


<< だらけている暇はないのだけどねぇ      いきなり模擬授業とか言われても・・・ >>